【タグマネージャ活用】Adobe DTMとGTMの両方でeコマースやカスタム変数を送信する方法

アクセス解析ツールの実装は、GoogleアナリティクスやAdobe Analyticsや2大アクセス解析ツールがあって何かと面倒なことが多いです。

タグを管理するタグマネージャもGoogleのGTM(Googelタグマネージャ)とAdobeのDTM(Dynamic Tag Management)があって、計測の実装がとにかくめんどくさいし、ややこしいです。

そこで今回は、商品の購入情報や、会員属性を同時に、両タグマネージャで計測する方法をご紹介します。

応用編ですので、基本編の記事もあわせてご確認ください。

【GTM超応用】Googleアナリティクスで1ページの「複数商品」「複数項目」を計測する手順(タグマネージャ使用)

【Googleタグマネージャ】 eコマーストラッキング設定方法

何が便利か?

GTM用とDTM用のスクリプトを記述することなく、一つのオブジェクトで、GTMも、DTMにも情報を飛ばすことが可能。

前提条件

  • Googleタグマネージャが設定されている
  • Googleアナリティクスで計測設定されている
  • Adobe Dynamic Tag Managemtが設定されている
  • Adobe Analyticsが設定されている

HTMLページに変数を記述する

ページにスクリプトを記載します。
いきなり核心部分ですが、以下の形で記述すると両方のタグマネージャで計測できます。

例)

[html]
[/html]

DTMを設定する

Adobe側の直接呼出しルールを設定します。

Adobe Analyticsのカスタム変数(ここでは、eVar)を設定します。

計測確認 Adobe Analytics

Adobe Debuggerにて計測確認します。

Adobe Debugger – Adobe Analytics の導入
marketing.adobe.com/resources/help/ja_JP/sc/implement/debugger.html

計測確認 GTM

GTMでもきちんと取得できていることを確認します。

以上です。

オススメ書籍

不明なところは書籍にて補ってくださいませ。

デジタルマーケターとWeb担当者のためのGoogle&Yahoo!タグマネージャーの教科書
海老澤 澄夫
マイナビ出版 (2016-12-22)
売り上げランキング: 73,492
実践 Google タグマネージャ入門 増補版
畑岡 大作(アユダンテ株式会社)
インプレス
売り上げランキング: 191,943