【Googleタグマネージャ】 eコマーストラッキング設定方法

Google アナリティクスのeコマーストラッキング方法は、色々なブログで解説されているのですが、Googleタグマネージャ(GTM)使った、eコマーストラッキング方法は、あまりなかったので備忘録も含め、ご紹介します。

Googleタグマネージャでeコマーストラッキング方法

これによって、ECサイトの購入情報をGoogleアナリティクスで計測することができます。また、特定の商品を買ったユーザーのサイトのふるまいも確認できます。

HTMLソースへのタグ実装

まず、GTMのトラッキングコードが埋め込んであることが前提です。GTMのトラッキングコードの前に、eコマース用のタグを埋め込みます。

注文完了(または購入完了)ページにて、GTM専用変数であるデータレイヤー変数に
注文情報・商品情報を格納します。

サンプルコード

コードの詳細な記述方法部分は、Google公式ガイドに詳しく説明されているので参照してください。

Google アナリティクスの e コマース – Tag Manager ヘルプ
support.google.com/tagmanager/answer/3002596?hl=ja

GA設定

eコマーストラッキングを有効にする

GAのビュー設定にて、eコマーストラッキングをONにします。

12

GTM設定

ルール作成

タグが動作するサンクスページの条件を作成します。

13

タグ作成

該当トラッキングコードのトランザクションタグを作成します。
(もちろん、ページビューを計測する基本タグは、別途必要です)

13

バージョン作成→公開

バージョン作成と公開の2ステップは、忘れやすいの注意が必要です。
安易に公開できない環境では、プレビュー>デバッグで動作確認してください。
(デバッグは、一時的にドラフトコンテナの設定を実行する機能です)

動作確認

リアルタイム確認

リアルタイム確認といっても、eコマースのリアルタイムレポートは存在しないため注意が必要です。
GA DebugをONにして、トランザクションが動作していることをコンソールにて確認
※「GA Debug」は、Google Chromeの拡張機能です。
※コンソールは、開発ツール(F12キー)⇒ コンソール(Escキー)から確認可能です。

14

GA計測確認

GAにて、1,2時間後、「レポート>コンバージョン>eコマース」にて、
eコマースが計測されていることを確認します。
(日付が、本日にすることに注意)

screenshot.505