YouTubeの再生状況や、どこまで再生したかをGoogleアナリティクスで計測する方法(By GTM)

今回は、Googleアナリティクスを使って、サイトに設置したYouTubeの再生状況を計測する方法についてご紹介です。

6271562567_f603b34853_z

概要

YouTubeとGoogleアナリティクスの連携についてご紹介します。
この計測により「動画再生回数はわかるが、サイトに設置した動画の再生ボタンを押している”人”は何人なのか?」「YouTube動画を見てくれた人が、購入にいたっているのか?」といった点を分析することが可能です。

実装にあたり、DanWilkerson氏の「YouTube Google Analytics Embed Tracking」を使用しています。

youtube_googleanalytics

計測結果

最終的にこんな感じに計測できます。

イベントカテゴリ:共通で「Videos」が計測
イベントアクション:Play, Pause, Watch to End, 10%(再生状況)が計測
イベントラベル:YouTube動画のURL

それぞれ、イベント発生回数、ユーザー数、目標到達数を集計できます。

Image

一点、注意事項として、YouTube動画の再表示(一瞬のちらつき)が発生する可能性があります。実装後、ちらつき度合や、他のjsとの干渉を確認することオススメすます。

ポイント・注意点

  • YouTube動画自体の再生回数は、別途YouTubeアナリティクスで集計できます。
  • YouTubeの再生ボタンに直接イベントトラッキングを実装するのは、ほぼ不可能です。
  • YouTube APIを使うと、Googleアナリティクスのイベントとして再生/停止を計測できます。
  • ただその場合、YouTubeの設置をiFrameではなく、Scriptタグで設置する必要があります。
  • ここでは、通常の埋め込みタグiframeでYoutubeの再生などをGAのイベントで計測します。
  • 単体のGoogleアナリティクスでも可能ですが、今回はGoogleタグマネージャーを使った実装方法をご紹介します。

設定手順

では、早速、実装手順です。

javascriptファイルをサーバーに格納

こちらのページの画面右側の「Download ZIP」からzipファイルをダウンロードします。

lunametrics/youtube-google-analytics · GitHub
github.com/lunametrics/youtube-google-analytics#google-tag-manager-installation

解凍したファイルから「lunametrics-youtube.gtm.js」のみ後のカスタムHTMLタグで使用します。

変数(旧:マクロ)

続いて、Googleタグマネージャの変数、トリガー、タグを設定します。
まずは、変数から。

cjs_YouTube動画存在判定

Image

videoAction

attributes.videoAction
Image

videoUrl

attributes.videoUrl
Image

トリガー(旧:ルール)

続いて、トリガー。

ページにYouTube動画を見つけた時

Image

イベント発動:youTubeTrack

Image

タグ

最後にタグ。

C1_gtm_youtube

Image

カスタムHTMLは、Scpriptタグと、「lunametrics-youtube.gtm.js」の内容をコピペしてください。

画像のトリガーは、すべてのページにしています。
YouTube動画を検出した場合のみタグを発火したい場合には、トリガーに「ページにYouTube動画を見つけた時」を設定します。

E4_YoutubeEvent

Image

GTMプレビューモード動作確認

GTMのプレビューモードで設定が問題ないか確認します。

Youtubeを設置したページを開きます。
C1_gtm_youtubeタグが発火していることを確認できます。

Image

ページ上のYouTube再生ボタンをクリックすると、E4_YoutubeEventタグが発火しました。
イベントカテゴリ、アクション、ラベルが設定されています。

Image

YouTube動画の再生が50%(半分)に達すると同イベントが発火し、50%のイベントアクションが計測されます。

Image

Googleアナリティクスで計測確認

Googleアナリティクスのリアルタイムイベントにて、今のタグ発火が計測されているか確認します。

例えば以下のように計測されていればOKです。

イベントカテゴリ:Videos
イベントアクション:10%
Image

以上で完了です。

最後に

この計測によって、Youtube動画の再生回数だけなく、再生した人の人数や再生した人が購入に至っているかなどをGoogleアナリティクスを使って分析することが可能です。ぜひお試しください。

ご要望ありましたら、Googleタグマネージャ版だけなく、Googleアナリティクス版も作成します。
GoogleアナリティクスやGoogleタグマネージャの知識が足りないと感じたか方は、まず書籍等で勉強されることをオススメします。

実践 Google タグマネージャ入門 増補版
畑岡 大作(アユダンテ株式会社)
インプレス
売り上げランキング: 24,422