桜咲たら最高の散歩間違いなし!ドラマの撮影によく使われる「隅田川テラス」に行ってきました!

早咲きの桜は、もう開花がはじまり春の予感をさせる隅田川テラスを散歩してきました。
今回は、桜季節に向けて隅田川テラスの魅力をご紹介します。

1

スタートは、門前仲町駅か、水天宮前駅近くの「永代橋」です。
ゴールは、桜の名所としてしられる隅田公園。ちなみにまだ桜は咲いてません。
歩いても、1時間45分ほどのコースです。

screenshot.330

永代橋のふもとの様子。
看板に「隅田川。昔、今、そして永遠の流れ」とあります。江戸時代の市民とともにあった隅田川の歴史を感じさせるメッセージです。

P1010829

上を見上げると、早咲きの桜が少し咲いていました。
春を予感させます。こちらは2分咲きくらい。

P1010830
同じ場所から今度は上流の方を向くとIBMの大きな本社が見えます。

P1010833

この日は、晴れて雲も穏やかに流れています。

P1010835

永代橋をわたると、向こう側にも早咲きの桜が咲いていました。
こちらの方がやや咲が早いようです。6分咲きほどでしょうか。

P1010838

ちょっと永代橋周辺をブラブラ。
ここら辺はドラマの撮影によく使われていて、たびたび撮影スタッフを見かけます。
なんと、この日も、散歩中に撮影スタッフと遭遇したました。さすがに怒られそうなので撮影は控えました。

P1010840中央に見えるのが永代橋です。夜はブルーにライトアップされて幻想的です。
夜の永代橋を目当てに撮影しに来る人もいるようです。

P1010842
ちょっと上流に歩きます。
水上バスを発見!奥には清澄橋も見えてきました。

P1010845

清澄橋は近くで見ると結構オシャレです。 街灯は西洋を思わせるつくりです。

P1010846
浜町公園です。やや寒いですが、子供たちが元気よく遊んでいます。
桜はまだ咲いていないようですが、やや赤みを帯びてきている様子。

夏は、新緑がさわやかでBBQやピクニックもできます。
P1010847
浜町公園から川をみると首都高が立体交差していて近代的な感じです。

P1010849しばらく撮影ぜすに進むと、真っ赤の吾妻橋が見えてきました。
写真の向こう岸は、雷門通りで日中は人で大賑わいです。

P1010851隅田公園よりさらに上流の台東リバーサイドスポーツセンターまで来ましたので、ここで折り返します。ここの景色も桜が咲くと眺望がよさそうです。
P1010854

撮影ポイントは「X」のような形の歩道専用の橋です。

P1010855

Googleマップから上空画像だと、こんな感じです。screenshot.331

競技場ではサッカーの練習をしています。

P1010856

いつの間にか、スカイツリーのすごい近くに来ていたのでここで一枚撮影。P1010857

隣の野球場では少年野球をやっています。バッターは女の子?P1010858

隅田公園に到着。桜がわずかに咲いています。
スカイツリーと桜を撮影。

P1010860

まだ、桜の時期ではないとはいえ、観光客がちらほらいます。

P1010862

結構、咲いている桜の木もあるようです。

P1010863

桜にクローズアップしてみます。つぼみの花がいくつかあり、4分咲きくらい。
スカイツリーも一緒に撮影。

P1010865

見晴らしの良い場所に、タリーズコーヒーができていました。
観光客にとっては、桜を見ながら一息つけるスポットになりそうです。

P1010867
そして、有名なアサヒビールタワーとスカイツリーのツーショットです。
アサヒグループ本社ビル「アサヒビールタワー」は、金色のガラスと頭頂部の白い外壁で、泡のあふれるビールジョッキをイメージしているそうです。

隣の「スーパードライホール」は、フランスの著名なデザイナーによりデザインされたもので、屋上金色は「炎のオブジェ」だそうです。躍進するアサヒビールの心の象徴だとか。
当初は赤にする予定でしたが、建築基準法で実現できず現在のようになったそうです。

P1010870

帰りは、隅田公園のとなりから出航している水上バスに乗って下るのもオススメです。
浜離宮までなら600円ほどで乗ることができます。これまで歩いてきた景色を船の上からおさらいできます。また、船内では見える景色を無料で解説してくれています。
時間に余裕があれば、浜離宮で日本庭園をみて帰るのもよいかもしれません。

撮影:オリンパス E-PM2

あなたにオススメ(Amazon)

あなたにオススメ(楽天)