【解決方法】WordPress5.x番台(Gutenbergエディター)がめちゃくちゃ使いずらいので戻す方法

ついに!Wordpress5.x、不良品がリリース!

新しくリリースされたWordpress5.x番台。正直、めちゃくちゃ使いずらいです。アップデートしないことをお勧めします。記事書いて、どんな風に表示されるのかと、試しにプレビューボタンを押したら、全然、変更した箇所が反映されないという始末、、これは、未完成品?

プレビュー機能はつかえないので、やむを得ず一旦、記事を本番に公開して、更新ボタンを押して確認する始末….

でも回避方法をみつけました!

回避方法を発見あった!

WordPressインストール後に、ウェルカム画面の下の方に隠れている「クラック・エディター」に戻しませんか?というボタンがあります。これを押せばOKです。

プラグインとして、旧エディターをインストールして、利用できるようです。プラグインの「Classic Editor」というものが用意されていました。

間違ってアップデートしてしまった場合、この方法で応急処置が可能です。

AddQuickTagも使えるようです。

それにしても、あたらしいWordPressバグ多すぎではありませんか…. 不良品リリースしないでとこころから願うばかりです。

名前が「グーテンベルク・エディター」とのことですが、活版印刷技術の発明者「グーテンベルク」から名前をとったのだと思いますが、この不良品だと事業家グーテンベルク氏に失礼かと思ってしまいます。

この記事を読んだ人にオススメ