【「ミニベロ」最高の理由】朝の通勤が楽しくてしょうがない!通勤を電車からスポーツバイクに変えて早3年。

次世代型自転車「ミニベロ」が優れている理由をまとめてみます

都内在住の私が、毎日の通勤を満員電車で「狭い」「臭い」「きつい」電車をやめ、20インチのスポーツバイク「ミニベロ」に変えて早3年。いまでは、朝の通勤が楽しくてしょうがない状況なので、その理由についてまとめてみました。

screenshot.539

自転車といっても色々種類があります。ママチャリやシティバイクが一般的であるが、通勤となると正直ダサい。かといって、ロードレーサーはタイヤが弱く、マウンテンバイクはタフすぎて、街乗りには適さないといった点があります。

街乗りは、信号待ちで止まったり、発進したりが頻繁で、時には、障害物をよけて、人を避けて乗ることさえあります。

ミニベロは、その点でとても優れています。今回は、そんなミニベロが優れている理由を実体験をもとに挙げていきたいと思います。

「ストップ&ゴー」が軽快すぎる!

ミニベロの特長として、タイヤが小さいという点があります。
20インチほどでママチャリよりも、明らかに小さいです。
このため、漕ぎだしとても軽く、信号待ちなどで止まった状態から
軽快に発進できるという長所を持ちます。

screenshot.541

タイヤは小型。しかし高速走行!

ミニベロは、小型といっても、安い折りたたみ自転車とはわけ違います。
ミニベロはスポーツバイクです。そのため、高速走行が可能な
ロードレーサーと同じように変速機が充実している車種が多く、
ギアを変えていくことで高速走行が可能となります。

screenshot.543

軽い、ひょいっと持ちあげて階段も上がれる。

自転車走行中に突然行き止まりなんてことも。そこにあるのは歩行者用の階段だけです。そんなとき、ママチャリを担いで階段をあがるのは相当、苦労します。軽いロードレーサーでも車体が大きく持ちあげるのは一苦労です。

一方、ミニベロタイヤが小型のため持ちあげるも楽で、軽い。そのため、手でさっと持ち上げて階段を上がるといった可能なのです。
小型ながらも、作りもお値段もしっかりしているミニベロは、車体のフレームに、軽くて丈夫な先端素材を利用していることが多く、車体をさらに軽くします。

ミニベロかつ折りたためるタイプなら、車にも簡単に載せられます。

screenshot.545

ターンは得意。小回りが利き、障害物もスイスイ。

街乗りは、意外と障害物が多いもの。たとえば歩道に設置されたポールなどもそのひとつ。また、歩道を走行する場合は、人を避けて走行することもあります。

その点でミニベロは、タイヤガ小さいため、予想以上に小回りが利きます。何よりも私が、はじめて買った時、ミニベロに乗って驚いたのが、狭い歩道でUターンも可能だったことです。

screenshot.547

風を切るきもちよさ、自然を感じられる幸福感

最後に、ミニベロに限った話ではありませんが、通勤を自転車にすることで、春、ちょっと遠回りして桜並木の中を走りながら、満開の桜を見ることもできまし、夏、新緑に一日の元気をもらうこともできます。

また、秋晴れの中、風を切って爽快感を感じることもできますし、冬に夜のイルミネーションの中を帰宅するなんてこと。
言葉では伝えきれない自然を感じる人類の幸福を味わうことができます。

screenshot.548

自転車は、人類の偉大な発明品

自転車は、人類の偉大な発明品です。

エネルギーは人力ですが、エネルギー消費量は少なく、歩行の6倍の効率。電気もガソリンも要らず、無エネルギーでエコですし、身体を動かすので健康に優れているのです。

ぜひ、ミニベロで毎日の通勤をハッピーに変えてみませんか。

screenshot.550

オススメのミニベロは、こちら

ビアンキ

楽天お取扱い状況

実店舗での取り扱いはかなり限られてきますし、持ち帰りも手間なので、適切価格の全国ネットショップが便利です。

「ミニベロ ビアンキ」商品一覧

ルイガノ

楽天お取扱い状況

実店舗での取り扱いはかなり限られてきますし、持ち帰りも手間なので、適切価格の全国ネットショップが便利です。

「ルイガノ ミニベロ」商品一覧

ブルーノ

楽天お取扱い状況

実店舗での取り扱いはかなり限られてきますし、持ち帰りも手間なので、適切価格の全国ネットショップが便利です。

「BRUNO(ブルーノ)ミニベロ」商品一覧