ベーグルは作る過程でゆでる?らしい

パンをゆでるという発想自体ありませんでしたが、ベーグルは作る過程で茹でるそうです。ベーグルを作ったユダヤ人は発想がすごい。
一般的な作り方として、小麦粉をひもにして、つなげてリングにする。そして、発酵させたあとに、ゆでる。
ゆでたあとは焼いてできあがりです。みためパンなのにゆでるとは驚きです。

パンと違いバターや卵、牛乳も使わないため、脂肪分やコレステロールがほとんどないとのことです。また水分もあまりないことから、冷凍庫で保存すれば一ヶ月はもつ保存食にもなるとのことです。

ちなみに、名前の由来は、馬に乗る時や乗ってる時に足をかけるあぶみをイギリス語でヒューゲルというらしく、そこからとったとか。ユダヤ人が自分を助けてくれた王様へのお礼として、王様が乗馬が好きなことから、あぶみのかたちを真似ているようです。

ベーグルは、かばんに忍ばせておいて、仕事がロングになりそうな時に、夕食の代わりとして、食べると腹持ちもいいし、最近、大活躍です。

あなたにオススメ(Amazon)

あなたにオススメ(楽天)