宅配ピザの広告はなるべく広範囲に。保険の広告は、じわじわと効かせる。

宅配ピザの広告は、ピザを食べたいと考えている人に
ピザを宅配しているという情報が伝わればよいので、
そのブランドが好きとか、良い印象を植え付けるといった
ことはそれほど重要ではありません。
むしろ、できる限り広範囲に情報が伝わることがポイントになってきます。
つまり、どこまで届くかという「リーチ」が大切になってきます。

一方、保険の広告は適当に広範囲に伝わっても、
なかなか入ってくれないことがあります。
その保険がいかに良いか、好印象をもっているかで
入る入らないが、ポイントになってきます。
つまり、保険などの広告の場合、どこまで届くかという点よりも
いかにお客さんの心を動かすことがポイントになってきます。
一般的に、お客様の心をつかむには、接触頻度をあげることで可能になります。
そのために、同じような広告を何度も出して
好きになってもらう必要があります。
(もちろん、同じような広告が届いて不快感を与えてしまっては本末転倒ですが)

つまり、いかに接触頻度を上げるかという「フリークエンシー」が重要になってきます。

リーチとフリークエンシー。
広告の配信にはこういった観点も必要になってきます。

では、高級自動車はどちらがよいでしょうか。

あなたにオススメ(Amazon)

あなたにオススメ(楽天)