モチベーションをコントロールする方法は?

人生で成功するためにはモチベーションコントロールがとても重要だと思う。ようはやる気を高めることだ。

というのも、人間というのはやる気のレベルがだいたい同じような人と付き合う傾向がある。やる気のある人は、やる気のある人と付き合い、やる気のない人はやる気のない人と付き合う。その結果、やる気のある人たちはお互い刺激しあって、さらにやる気が湧いたり、自信がついたりして、ますます成長していきます。まずはあなたのやる気を高めることが必要ではないでしょうか。

・勉強の習慣が身につかない。
英語の勉強でも、資格の勉強でもなんにしろ、3日坊主で全く続かない。どんな人でもいつの間にかやめているなんてことは多々ある。
人は本質的に怠け者だから、独学で続く人はなかなかいない。多分、10人に1人もいない。
これを改善するためにも、スクールに通うというのは一つの手だ。スクールであれば、強制力があるし、自分でしなければいけないセルフコントロールを講師または先生に任せることができる。
社会人であっても、時間を作って最低一つはスクールに通う。これはとても良い手段である。

・良い習慣が継続できない。
ダイエットや筋トレの習慣など、続けなければいけないことでもなかなか、続けることができない。教材のうたい文句やダイエット商品の広告に、簡単に続けられるとよくあるが、続けることはとてもむずかしい。なぜ続かないかというと、当たり前かもしれないがやめてしまうからだ。一日でもやめてしまうと途端に続かなくなる。
これを解決する方法は意外と簡単だ。一日30秒でも必ず続けること。どんなに忙しくても30秒を取れない人はいない。そして、30秒でも続ければ、継続できる。もちろん、30秒でも一度始めればある程度、時間が経つものだ。

・悩み事が多い。
モチベーションコントロールで障害となるのが、悩んでしまうこと。悩んでしまうと、ネガティブな方向に思考が陥りやすい。悩まないためには考えすぎないことだ。考えすぎるから悩みは深くなるわけで、だったらハナから悩まなければ良いのです。
そもそも人の悩みなんて、今は深刻のように思えても、放っておけばそのうち消えてしまうものが多いし、実際、何年か後に振り返ってみれば、あの頃は何であんなことに悩んでいたんだろう?とバカらしくなるようなものがほとんどです。

その程度のことにくよくよ悩み、無駄な時間とエネルギーを浪費している。
考えすぎないことを習慣にする。人の悩みなんて宇宙からみたらどうでもいいこと。
悩んだら広大な宇宙をイメージする。
誰も気になんてしていないよ。気にしているのはあなただけ。

こんなつまらないことで悩んでいるくらいなら、さっさとやるべきことをやっちゃおう。そうでなかったら、短い人生、時間がもったいないじゃないか。

・嫌な人が周囲にいる。
モチベーションコントロールには、人間関係を良好に保つことも必要だ。みんなから嫌われている人が、モチベーションを維持するのは難しいからだ。
人間関係を良好に保つには良好なコミュニケーションが重要だ。
笑顔で挨拶はコミュニケーションの基本。はじめて会うならそれで第一印象が決まってしまう。だから、笑顔の練習はかかさない。鏡の前で口角をあげてにっこりはしょっちゅうやっています。

・いつの間にやる気が落ちている。
やる気を高めるには、他人言葉を借りるのも有効だ。そのために、自分のやる気が出るフレーズ集をつくる。自分の心に響く言葉を集めて、時間がある時に見返すことで、モチベーションを常に高めていく。

以上が、結果を出し続ける人の35の小さなコツより学んだことです。

著者は、東進ハイスクール・ビジネススクール講師の安河内哲也さん。

興味があればぜひ一読を。

あなたにオススメ(Amazon)

あなたにオススメ(楽天)