【手順】YouTubeチャンネル(スタジオ/アナリティクス)に他ユーザー(アカウント)を追加する方法

今回は、YouTubeチャンネルに他のユーザー(Googleアカウント)を追加する方法をご紹介します。

YouTubeのアクセス状況をみてもらいたい場合や、アップロードした動画を調整してもらうには、この手順が必要です。YouTube Studio内の「YouTubeアナリティクス」を利用することで、どんなユーザーにどの動画が見られているかなど分析することが可能です。

なお、YouTubeアナリティクス分析のご依頼はこちらまで → ココナラでお手伝い

YouTubeスタジオとは?
YouTube Studioは、動画制作者のための機能です。
まだベータ版(2018年11月時点)ですが、旧クリエーターツールの代わりになるツールで、動画チャンネルの管理(コメント返信、公開設定など)や動画再生回数の分析ができます。その他にも新しい機能が追加されています。

ここでは、AさんのYouTubeチャンネルに、新しくBさんのGoogleアカウントを追加する方法をご紹介します。これによって、BさんにもYouTubeの編集やYouTubeアナリティクスで状況をみてもらうことができるようになります。

設定手順

YouTubeチャンネルのオーナーである「Aさん」のGoogleアカウントでYouTubeを開きます。
www.youtube.com/

該当のチャンネルを選択した状態で画面右上のアイコンから「設定」を選択します。

YouTubeの設定画面から「アカウント」>「管理者」>「管理者の追加または削除」をクリックします。

ブランドアカウントの詳細からユーザーの「権限を管理」をクリックします。

権限を管理から、画面右上の「新しいユーザーを招待」をクリックします。

新しいユーザーの追加で、「Bさん」のGoogleアカウント(多くはGmail)を入力します。
YouTubeアナリティクスを見てもらうには「管理者」権限を選択します。
「コミュニケーション管理者」では不可です。

 

 

各管理権限について

オーナー
最も多くの操作を実行でき、どのユーザーがアカウントを管理するかを制御できます。アカウントにはメインのオーナーを 1 名設定する必要があります。

管理者
ブランド アカウントに対応している Google サービスを使用できます(Google フォトでの写真共有や、YouTube での動画投稿など)

コミュニケーション管理者
管理者と同様の操作を実行できますが、YouTube は使用できません。

 

「Bさん」のGoogleアカウントのGmailに管理者招待メールが届いていますので、開いて「招待に応じる」ボタンをクリックします。

続いて「承認」ボタンをクリックします。

続いて、BさんのアカウントでYouTubeにアクセスします。
www.youtube.com

そして、画面右上のアイコンから「YouTubeスタジオ(旧:クリエーターツール)」を開きます。

YouTubeスタジオを開いて、「アナリティクス」から再生状況を分析できます。

以上で、操作は完了です。

つまみさん
なお、アナリティクスの権限のみ渡したい場合には、この方法では不可です。その場合には、マニアックな方法もあるので、その場合には、お問い合わせフォームからご連絡ください。

公式ヘルプ
support.google.com/youtube/answer/7477160?hl=ja

お手伝いサービス「ココナラ」でお手伝いしていますので、必要でしたらお声がけください。その場合は下記リンクまで

Googleアナリティクス/Googleタグマネージャお手伝い | ココナラ

ツマミグイTVチャンネルもどうぞ!