iPhone/iPadの「一部バックアップ」が可能なEaseUS MobiMover Freeのバックアップ手順

つまみさん
今回は、「新しいiPhoneには写真だけデータ移行できればよいので、あとは不要!」ってときに便利なツールのご紹介です。

iPhone/iPadをiTunesで普通にフルバックアップするのもよいのですが、全部バックアップするのは時間がかかってめんどくさい。そこで、写真だけ、音楽だけの一部データ移行/バックアップするために、何か他のツールを使って、バックアップできないだろうかと調査したところ、よさそうなツールがありましたので、備忘録的に解説したいと思います。

EaseUS MobiMover(イーザス モビムーバー)というフリーソフトです。
有償もあるようですが、商用利用目的向けです。機能は一緒で「商売で使うならお金払ってね」ということです。

何に使うか?

利用目的は、主に次のようなところです。

  • iPhoneを買い替えたので一部の写真や音楽だけデータを移行したい。
  • データの消失やiPhoneの紛失に備えてバックアップしたい。
  • 空きスペースがないので、一旦PCにデータを退避して、空きスペースを作りたい。
  • 他のiPhoneとも多くのデータを共有したい。
  • 大量のデータを複数のiPhone, iPadに送りたい。

データ移行が目的ですが、柔軟性は高い

iTunesフルバックアップからデータ移行もできますが、モビムーバーの方が柔軟性があるので便利です
データ移行用につくられていますが、一部バックアップしたり、バージョン管理をしっかりできるので便利です。

無料で利用可能で、日本語化もOK

無料で利用可能で、WindowsとMac OSの両方あり、日本語化もされているので大変ありがたいです。

インストールしてみました

サイトからダウンロードします。

インストールします。

言語は、日本語を選択して、規約に同意して次へ。

インストール先はデフォルトで次へ。

デスクトップにアイコン作成して次へ。

インストール完了まで待ちます。

完了したら、「完了」をクリックします。

EaseUS MobiMoverを使ってみます

インストールが完了すると自動的に起動します。
Windowsなら「Win」キー → 「MobiMober」と入力し、「Enter」でアプリが起動できます。

この画面が表示されたら、iPhone/iPadとWindows/Macパソコンを接続します。

手元にカメラがなかったので、イメージはこんな感じです。

iPhone/iPadの「このコンピュータを信頼しますか?」と表示されたら「信頼」をクリックします。
パスワードを入力して、バックアップ可能します。

iPhone/iPadが認識されました。
早速、バックアップしていきます。

音楽や写真だけではなく、連絡先やメッセージなどもバックアップできます。

今回は、オーディオブックとメモ、ブックマーク、連絡先のみバックアップしたいと思います。

バックアップが完了しました。

ファイルは、日付ごとに管理されています。圧縮して保存されるわけではないので、PCで音楽・動画・写真などそのまま利用可能です。バックアップしすぎると容量をひっぱくするので要注意です。

画像もしっかりと保存されていました。

音楽もデスクトップで再生できる形で保存されました。

データ移行するために、バックアップから復元

続いて、バックアップから復元します。転送元のPCとフォルダまたはファイルを選択します。

フォルダはバージョン(日付)ごとに選択可能です。

今回は、バックアップから画像のみ復元します。

転送が開始します。

画像の復元ができました。

復元されました。写真は「By MobiMover」というアルバムにまとめられるようです。

写真を個別に選んで復元もできました。

以上です。

まとめ

転送速度も体感早くて良さそうです。(部分データ転送ができるので、そもそも早い)

iTunesフルバックでは、一部バックアップ、一部データ転送、バージョン管理できないので、MobiMoverを使うと「かゆい所に手が届く」かもしれません。

必要に応じて、活用してみてください。

EaseUS MobiMoverのサイトは、こちらから見れます。

よかったら、Twitterのフォローもお願いします!