【設定】Windows キーボードの[Caps Lock] + [K] キーでカタカナに変換する設定

今回、Windows PCにて、Macbook同様に、[Caps Lock] + [K] キーでカタカナに変換する設定についてご紹介します。

最近、WindowsとMacbookを併用する機会が増えてきました。Windows 10を使っているのですが、カタカナに一発変換する際に、「F7」キーを使用したりするのですが、これがめんどくさい。スペースキーで変換するも、なかなか一発で変換できなかったりして、わずらわかしい状況がありました。

一方、Macbookであれば、[Caps Lock] + [K] キーで一発変換できます。これになれてしまうと、Windows PCが、使いずらい…

ということで今回、Windows PCも同様に、[Caps Lock] + [K] キーでカタカナに変更する設定をしましたのでご紹介します。

設定環境

Windows 10

実現すること

カタカナに一発変換する「F7」キーを、[Caps Lock] + [K] キーに割り当てる

設定にあたり問題点

  • 「Caps Lock」キーが通常ショートカットキーとして使えない
  • 「複数のキー同時押し」を他のキーに割り当てができるソフトがなかなかない

利用するツール

この2つのツールを使います。

  1. 「Change Key」非常駐型でフリーのキー配置変更ソフト
  2. 「Keyboard Butler」 ~鍵盤の執事くん~ ショートカットキー設定

「Change Key」の設定

「Caps Lock」キーは、使わないので「Ctrl」キーに変更してしまいます。

「Change Key」ダウンロードページ
forest.watch.impress.co.jp/library/software/changekey/

右クリックで「管理者」として実行します。

まず、割り当てるキーを選択し、続いて、割り当てる先のキーを選択します。
設定したら、設定を反映するを実行して、再起動します。

「Keyboard Butler」の設定

[Caps Lock] + [K] キーを押したときに「F7」キーに割り当てます。

「Keyboard Butler」ダウンロード
www.vector.co.jp/soft/winnt/util/se497417.html

画面の形で「Ctrl」+「K」キーを「F7」キーに割り当てます。

以上です。
これでMacbook同様に、[Caps Lock] + [K] キーでカタカナに変換することができます。
もっといい方法がありましたら、教えてください。