【手順】試しに、リップルコイン(Ripple、XRP)を10万円買ってみた!

試しに10万円でリップルコインを購入してみました。
そこで今回は、注目のリップルについてまとめつつ、さいごに「リップル(通貨単位XRP)」の購入方法を案内します。

まず、リップル(Ripple)とは?

Ripple社 によって開発されたネットワーク上の通貨です。
お金の代わりに、やりとりが可能です。ただ、現在は投資対象として購入する方が多いです。
いわゆる仮想通貨ですが、通貨の情報は、世界のコンピュータに分散されて保存されています。
お金のやりとりとして利用すれば、国をまたいでもリアルタイムで取引できます。

誰が作ったの?

もともとは、2004年にカナダのウェブ開発者である Ryan Fuggerが考えていました。
個人間の決済手段を目指して開発が進めていて、ビットコインの登場により、その応用技術が導入されることで、現在のリップルのシステムとなり、2012年にサービス開始しています。
いまは、リップル社に指揮権が渡され、リップル社で開発を進められています。

ところでなぜ、仮想通貨が必要なの?

さまざまな業界・分野でテクノロジーの恩恵を受けていますが、金融システムは古いままです。
そこで、時代遅れの金融システムに、進化が求められています。

具体的には、国際送金の課題があります。割高な送金手数料、何日もかかる送金処理、限られた利用時間。それらを解決するのがブロックチェーン技術を使った仮想通貨です。

3分動画でわかる金融システムのイノベーションわかりやすい動画がありましたのでご紹介します。

リップルがほかの仮想通貨より優れている理由

送金が4秒で完了する!

ビットコインは、1時間以上かかります。
すぐれた仮想通貨として代表される2番手のイーサリウムなら、2分以上です。
使っているプラットフォームが違うため、リップルは4秒と優秀なことがわかります。

1秒間の取引は1500件と圧倒的

ビットコインなら3-6取引、イーサリウムなら15件ほどです。
圧倒的な処理速度です。

公式サイト XRP | Ripple
ripple.com/xrp/

計算にかかるエネルギーが少ない

処理の速さの要因は、のビットコインが採用している「Proof of Work」の欠点を補う、代わりの手段として採用されている「Proof of Consensus」です。これにより、即時性のある決済システムと、計算にかかる電力消費を一気に減らすことに成功しています。

仮想通貨のリップル(Ripple)って?壮大な構想がある?
bitcoin-yoro.com/altcoin/ripple

2012年に設立で古株の仮想通貨

ビットコインの次に市場の大きいイーサリアムは2013年に開始。それよりも古いのです。

リップルは韓国で熱い

75%は、韓国ウォン(KRW)で保有されています。
53%は「Bithumb」で保有。2位は「Coinone」で13%です。
なお、「Bithumb(ビッサム)」は韓国最大取引所です。韓国はビットコインはそこまでじゃないものの、イーサリアム、リップルなどのアルトコインの取引量が多いのです。「Coinone」も韓国の大きな取引所で「Korbit」とあわせて三大取引所となります。

リップル/Ripple 相場チャート (XRP/JPY) | CoinGecko
www.coingecko.com/ja/%E7%9B%B8%E5%A0%B4%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%88/%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%97%E3%83%AB/jpy

大手企業との連携が進む

Googleが出資して一躍有名に

2014年にGV(Google Ventures)が出資しています。

ビットコイン、最大の“ライバル”の実像:日経ビジネスオンライン
business.nikkeibp.co.jp/article/report/20140421/263232/?rt=nocnt

三菱東京UFJ銀行が次世代型の国際送金サービスに利用

2017.3月発表。MUFGは、2018年初から、仮想通貨の中核技術であるブロックチェーンを活用した次世代型の国際送金サービスを始めるとのこと。

三菱UFJ、送金効率化へ世界連合 米欧豪6行と18年  :日本経済新聞
www.nikkei.com/article/DGXLASDC30H1H_Q7A330C1EA2000/

SBIは合弁会社を設立し、国際送金コストを6割軽減

2016年5月、SBIホールディングスが、リップル社への出資を発表。
2016年にはRippleと合併会社「SBI Ripple Asia」を設立して、国際送金コストを約60%も軽減した。

FinTech導入が金融機関の“生死”を決める–SBI北尾社長 – CNET Japan
japan.cnet.com/article/35097484/

さっそくリップルを購入してみる

リップルを購入するには、取引所で口座を開設する必要があります。
そして、リップルが購入できる取引所は限られています。
以下の取引所で購入可能です。

  • CoinCheck(コインチェック)
  • bitbank.cc(ビットバンク)
  • Bit Trade(ビットトレード)
  • Mr. Exchange(ミスターエクスチェンジ)

そして、ある程度信頼できる取引所ということで、一番取引量が多い「コインチェック」にしました。

購入の流れ

まずは、CoinCheck(コインチェック)で口座を開設します。

コインチェック 口座開設
coincheck.com

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

入金します。

コンビニ、クイック入金なら24時間入金可能です。
銀行振込の場合には、平日の翌日あたりに入金されます。
クレジットカードから直接購入することも可能です。
(今回は、銀行振込にしました)

リップルを買う

ログイン > ウォレット > コインを買う > Rippleを選択します。
数量を10万円になるように調節します。
購入するボタンをクリックします。
すぐに「決済されました」と表示されます。

コインの購入履歴に「完了」と表示されます。

クリックすると詳細がみれます。
レートは「32.04 XRP/円」のようです。レートは時価でコントロールできません。

無事に、リップルが購入できました。
今後、仮想通貨で世の中がどう変わっていくか楽しみです。

おすすめ書籍

いまさら聞けない ビットコインとブロックチェーン
大塚 雄介
ディスカヴァー・トゥエンティワン (2017-03-24)
売り上げランキング: 720
60分でわかる!  仮想通貨 ビットコイン&ブロックチェーン 最前線 (60分でわかる! IT知識)
仮想通貨ビジネス研究会
技術評論社
売り上げランキング: 2,575