【BitCoinチャート分析】5/26の暴落から1週間経って、改めて利確と損切ポイントを振り返る。今後はどうなる?

おはようございます。ルパン(@Lupaan)です。

ビットコイン、TVCMなどでも露出が増え、注目度上がっていますね。

5/26あたりに、ビットコイン・アルトコインが30%近く暴落しました。
大焼けどを負った私ですが、1週間経ってあの時の暴落は見抜けなかったのか検証します。

ビットコインって何?という方はこちら。

【ビットコイン解説】ブロックチェーンだ、ビットコインだとか騒がしいけど、一体何がすごいのか?どこで買える?

チャートから利確・損切ポイントを振り返る

改めてチャートから振り返ってみると、結構、気づくべき利確ポイント、損切ポイントが多かったと思います。不幸なことに、一番底で損切した私としては、もっと冷静になるべきだったと深く反省です。

ビットコインでは、先物やFXとは違うスピード感のある利確・損切が必要なようです。5/26の下落後、6/3の現在は暴落してまた少しずつ微増しているようでやや安心しました。

2017/6/8 早朝の下落 AM7:48

6/8は、また少し下落がありました。買われ過ぎによる調整のようです。(そうだと願います)

11%くらいの高い上昇のあとに、もんで、6/8の早朝に下落しました。またも早朝の時間帯の下落。ビットコインは早朝危険ですね。

ビットコインは2017年6月はどうなっていくのか?

これを書いているときは、6/10と6月の前半で、まだ過去の最高を超えられていない状況です。6月末頃には過去の最高を超えて、36万円に到達するとみています。なぜかというとその点も、チャートに書いていますのでご確認ください。

また、少しずつ書き足して行こうと思います。では。