【まとめ】話題のマリオランを身銭1200円を切ってプレイして、何が面白いか?調査してみた

「マリオラン、周りにやっている人があ”まりおらん”」なんてダジャレでも、つぶやかれていますが、話題のマリオランは、4日で4000万ダウンロード突破と爆発的なヒットになっています。ダウンロードはApple Store歴代最速でポケモンGOより上回っています。

また、一部は無料でプレイできますが、フルバージョンは1200円と他のスマホアプリと比べると高いことも話題のタネとなっています。
今回は、そんなマリオランについて、私が身銭を切って調査しましたのでいくつかの疑問点について解説いければと思います。

img_5400

先にマリオランをダウンロードしたい方はこちら

マリオランって何?

ざっくりと言うと、絶大な人気を誇ったマリオワールドが、十字キーとABボタンのファミコン時代から、手軽に遊べるスマホにプラットフォームを移し、子供から大人まで遊べるマリオワールドに進化したアクションゲームです。

screenshot-1012screenshot-1011

どのくらいダウンロードされた?ポケモンGOとどっちがスゴイの?

12/25時点は5000万に到達しています。
肝心のダウンロード数ですが、日本ではなく、半分くらいはアメリカでダウンロードされているようです。

c0gpssmuaaachaq-2

初日3日間の売上がiOSの30%を占める状況。ポケモンは6%。

c0pk-yguuaaa7ok

何が面白い?従来のマリオとココが同じ!

面白さについてざっくりとまとめると、
走り続けるマリオ。操作はタップのみでジャンプ。しかし、テクニックは満載。
コイン集めや、クリボー・ノコノコを倒すアクションも健在。
ステージは、砂漠、お化け屋敷、空飛ぶ戦艦など懐かしの世界が高いグラフィック登場。
全面クリアまでは、さほど難しくはない。しかし、かなり奥深くやり込めます。

こちらお紹介動画をどうぞ。

スマホでマリオプレイって十字キーの操作とか大丈夫?

最後まであそぶと、コントローラーのフィーリングは変わらず、スマホでも簡単に遊べるようにできていることがわかります。むしろ片手でも遊べるので、電車でも、寝ながらでも、どんな体制でも楽しむことができます。
指一本なのでゲームは苦手という方にも、楽しみやすくなっています。

こちらの動画をどうぞ

では、今回のマリオは何が違うの?

操作が変わるといっても、ステージ自体は、ほとんど同じです。(もちろんステージを細かいところにお楽しみ要素満載)
そのほかに3つの要素が新たに加わりました。
①新要素として、集めたコインで王国づくりが楽しめます。
②世界のユーザーとテクニックやコイン集めを競うゲームも登場しました。
③ステージをクリアすると、ルイージやヨッシーなど能力の違うキャラでも遊ぶことができます。

img_5331

友達と対戦って何?何を競うのか?

「キノピオラリー」と呼ばれるゲームが登場しました。
これはネットワークを介して、ユーザーと対戦できるゲームです。

何を競うかというと、コインの枚数とカッコよさです。
カッコよさは、高度なアクションの数です。

1対1で最終的に2つのスコアの合計が高い方が勝利です。
勝つと王国のピノキオ(住人)の数が増えます。
ピノキオが増えると王国のレベルがアップします。
王国がレベルアップすると、ショップで色々な飾りや建物を購入することができます。(はじめはボロボロで何もない)
この王国をつくること自体が、今回の楽しみの1つになっています。

詳しくは別の記事で紹介します。

img_5348

ゲームは難しいの?難易度は?

24ステージ(ワールドが6、各ワールドに4つステージ)がありますが、もちろんワールドが進むつれて、難易度もあがります。ただ、クリアまではそれほど難しくはないかと思います。
ここの調整は一流のゲームプランナーが万人が楽しめるように調整しているのかと思っています。

コアなファンも楽しむことができるのか?やり込みはできる?

簡単すぎてコアなファンが楽しめないのか?やり込み要素はないのか?という疑問もでてきますが、その点については十分に楽しむことや、やり込むことが可能です。24ステージはコインをあつめていくと、どんどん難易度が上がっていきます。コインは単純な運動神経だけではなく、アイディアが必要な箇所もあり、子供から大人までやり込むことが可能です。
また、ネットワークを介した対戦もあるため、ほぼ無限にやり込むことができるのではないかと思っています(私はまだ1回クリアしたレベルでなんとも言えないですが…笑)

img_5394

1200円も!?課金するか迷う…

一番重要な「1200円」を払うかどうか?についての議論ですが、各種メディアで色々な論争がされています。
ただ、私は次の3点から1200円は払ってもよいかと思っています(マリオ自体に、あんまり興味ない人は除いて)

まず、比べる対象は他のスマホアプリではない

 他のアプリは100円とかなのに、1200円かよ!と思いますが、マリオは他のアプリと比べられるのでしょうか。1985年にファミコンのカセットとして登場した「初代マリオブラザーズは」4,900円でした。そして国民的な大ヒットとなりゲーム業界自体が確立していきました。続いて、大ヒットしたマリオワールドは8,000円でした。その後、ゲーム業界ではこれに近い価格帯で次々とゲームがリリースして、数々のヒット作が生まれました。
 過去の歴史的なヒットを生み出してきたマリオシリーズの今作は、手元のスマホでプレイでき、たった1,200円とあればプレイしない手はないのかと思います。他のアプリは100円だよ!なんて話であれば、比べる対象が違うのかもしれません。

ちなみに、広告モデルではどうか?

 中高生には塾の広告が…、大学生にはバイトの広告が…、主婦にはダイエット用品の広告..、おじさんには毛生え薬の広告…。そんなことになっていたらプレイ中に現実に引き戻されそうです。

ちなみに、アイテム課金ではどうか?

 金のマントは、100円のガチャでレアアイテムです…。これでは子どもが際限なく課金して、社会問題となって、マリオブランドに影響を起こしそうです。

スーパーマリオブラザーズ
任天堂 (1985-09-13)
売り上げランキング: 1,359
スーパーマリオワールド
任天堂 (1990-11-21)
売り上げランキング: 957

開発者にビールを!理論

 「開発者にビールを」の意味するところは、無料のアプリ内に、たまに存在する例えば「開発者に寄付する \300」ボタンに添えてあるメッセージのことです。アプリを楽しんだ後に「結構楽しんだし、300円くらいなら…」という思いから開発者に感謝して寄付するという粋な考えです。
 無料という概念が定着したスマホアプリですが、開発者はものすごい時間をかけてアプリを作ります。完成までの努力や苦しみは、想像を超えるものがあります。
マリオランに関しても、優秀なゲームクリエーターが長期にわたって開発したことが考えられます。そういった苦労の後にリリースしたアプリをダウンロードするだけで、手元で楽しめることに感謝して、1200円くらいなら払ってもよいのではないかと思います。

いま来ている新しい潮流に投資する

 我々に楽しさを与えてくれるゲームですが、そもそもゲームというのは、物理運動の計算や、人間が面白いと思えるストーリー設定など、結構技術力が高いのです。開発資金が集められなければ、優秀なエンジニア・クリエーター・デザイナーを雇うことはできません。そしてスマホゲーム業界から人は流出していきます。そう、過去に予算縮小したNASAから優秀なロケットエンジニアがウォール街に移ったように。
今回の件で、任天堂から出たマリオランが1200円でも成り立つというビジネスモデルが確立すれば(それでも安い?)、今後、優秀なエンジニアが登場し、質の高いアプリが登場することになるかと思います。そういう意味でも、1200円は未来のスマホゲーム業界・ゲームクリエイターへの投資に値するかもしれません。

無料の最後にあたる1-4まで進んだのであれば、もうマリオワールドに興味がある証拠です。ぜひそのさきもプレイしてみてください。(任天堂とは何も縁もないですが)

マリオランのダウンロードはこちら

よかったら、マリオランのフレンド登録(ID:5266-6064-2488)よろしくお願いします。

img_5354

あなたにオススメ(Amazon)

あなたにオススメ(楽天)