[本日の気になる記事] 快適な座り方が身につけば、腰痛知らずで集中力が継続します!など

快適な座り方が身につけば、腰痛知らずで集中力が継続します!

悪い例:足を交差させて椅子の下に置くのも、背中が反り、股関節の筋肉が縮んでしまう
良い例:マウスやキーボードはなるべく自分から遠くの場所に設置する。肘や腕をデスクに置いて使うことで、肩や首への負担が減ることに
良い例:足の裏を床にしっかり着ける。足首、ひざ、股関節が90度になり、背骨がゆるやかなS字を描くようにする
大切なのは、重心を分散させること。

座り方を気をつけると疲れないカラダになれる – NAVER まとめ
matome.naver.jp/odai/2138562618396184201

読書のコツ。本を読んだら 「アウトプット」 して自分のものにする
→効率よく自分のものにするのに最も有効なのが、「アプトプット」をすることだから。

今からでも遅くない?少し早く知っていれば出世競争に勝てたこと – NAVER まとめ
matome.naver.jp/odai/2138605395372432901?page=2

ほうれい線ができる原因は、最大の原因は表情筋の衰え。
そこで大切なのが、頬の筋肉を強化してあげること。そして、毎日続けること。

下の画像と一緒に毎日やるといいかも

転職を成功に導くのは親しい友人ではなく、『弱い絆』で結ばれた知り合い。
そのために、異業種交流会などで多様な分野の人々と「とりあえずの知り合い」になることが第一歩。
さらに、大事なことは、たんなる名刺交換だけでなく、「いざ何かあったときに、気軽に相手のところに電話したり、メールで質問できるぐらいの関係」をその場でつくること。

転職を成功に導くのは親しい友人ではなく、『弱い絆』で結ばれた知り合い。 – NAVER まとめ
matome.naver.jp/odai/2138966711542437701

他人の意見に反対の意見をぶつける時、否定的な「でも」ではなく、相手の意見に自分の意見を付け加える形の「そして」を使用する。

他人を傷つけずに自分の意見をうまく伝えたり相手を納得させる5つの方法 – ライブドアニュース
news.livedoor.com/article/detail/8428095/

「祝!新成人おめでとうございます」の間違いは、あえて笑いをとるために子供たちが考案!?
一年の成人の場に笑いは必要なのでしょうか。後付けに聞こえるのは私だけですか・・

千葉市の成人式が「酷いこと」に 熊谷市長「私も一瞬あれ?と思いましたが・・・」 – ライブドアニュース
news.livedoor.com/article/detail/8427481/

死にゆく人が人生で「やっておけばよかった」と後悔した37のこと
(特に私が気になった部分を抜粋)

1.チャンスがあった時に旅をしなかったこと
歳を取るほどに旅は困難になります。違う国や文化を自分の目で理解するチャンスは多くはありませんとのこと。

6.物事を実行するのを恐れたこと
何かを始める前はいつも怖いもの。でも始めてみたらなんてことない、ということもしばしばです。

15.他人の考えを気にしすぎたこと
他人は他人、自分は自分。人の意見を聞くのは大切ですが、だからといって自分の気持ちや考えを捨ててしまってよいということではありません。
27.座敷芸のひとつも覚えなかったこと
ちょっとした手品でも、コミュニケーションツールとして。人を楽しませ、喜ばせることができるのは楽しいものです。

31.大きな(特に恋の)リスクを冒さなかったこと
リスクは避けるものではなく、マネジメントするもの。失うものがないのなら、恋でもそれ以外でも大きく飛び込んでみてもよいのではないでしょうか。
リスク・・・。私がもっとも恐れるものです。

32.人との繋がりやネットワークを広げてこなかったこと
人と人の繋がりは宝物。そこで得た信頼関係は決してただお金で買える種類のものではありません。
これは心がけて、増やしていきたいと思います。

死にゆく人が人生で「やっておけばよかった」と後悔した37のこと – ライブドアニュース
news.livedoor.com/article/detail/8427547/

あなたにオススメ(Amazon)

あなたにオススメ(楽天)