映画LOOPERを見ました。ラストの主人公の選択に心打たれる。

映画「LOOPER」を見ました。
戦闘シーンが見せ場の映画ではないのですが、ブルースウィルスが強すぎです。両手にマシンガンぶっ放し、一人で闇の組織をやっつけてしまうシーンがあります(笑)
ちょっとネタバレになりますが、簡単にご紹介します。

LOOPER/ルーパー [DVD]

主人公は、スラム街で育ち、麻薬に侵された若者。ただちょっと違うのは未来からやってくる人を抹殺する仕事を請け負っていること。その仕事は30年後にはタイムマシンが完成していて、そのマシンで現代に殺してほしい人が転送されてきてすぐにラッパ銃で殺すことです。なんでも未来で殺人をするとすべてがわかってしまうため、タイムマシンで過去に転送して殺しているそうです。

主人公は来る日も来る日も未来から転送されてくる人を殺していくが、どうやら最後の仕事は未来の自分らしい。口封じのために、自分を殺すことで契約完了になるとのこと。本人もそれを了承済みであった。そして、主人公も未来から来た自分の殺して大金をもらい仕事が完了かと思いきや、いざその日になぜかいつもと違い縛られて動けない状態になっていない未来の自分に逆にやられてしまいます。

逃亡と捜索シーンのあとに、なんとか主人公は未来の自分と話をする機会を得ることができ、そこで未来の話を聞きます。未来の自分は30年のときを過ごす中で心から愛する妻を見つけ、ちょうど30年のとき、その妻が役人に殺され、その復讐として、この契約を作った悪の親玉レインマンを殺すために未来からやってきたという。

一方、主人公は、そんな未来の自分の勝手に不満を感じ、なんとか未来の自分を殺して、自分の残りの30年を自由に生きるために必死に未来の自分を殺そうとする。ただ未来の自分は非常に強くなっており、逃げられてしまい、復讐のためにまだ子供であるレインマンを殺すために捜索を続ける。レインマンを先に見つけたのは主人公。そして、レインマンである子供とそのお母さんと一緒に未来の自分を待つことにする。その間に、子供とお母さんと仲良くなっていく。

そしてラスト、未来の自分が子供とお母さんを見つけ出し、殺そうとする。しかし主人公は100メートルほど離れた位置にいて自分のもっている銃では10メートルの距離しか弾を充てることができずに、子供とお母さんが絶対絶命の状況。

そんな中、主人公はとった行動とは、自分を打ち殺す選択だった。
主人公はなぜ自分をうったのかというと、未来の自分がお母さんを殺して、子供を逃がし、その子供が悪の道に進み、悪の集団がまた結成され不幸な人が増える。そして、未来の自分が愛する妻を失い絶望する。そんな悪のループがあまたをよぎり、自分を打ち殺すことで未来の自分も消え、お母さんも子供も助かると考えたからだ。

明るい未来を夢見て、日々仕事をしながら銀板貯めていた主人公が、自らの死を選んで負のループを止めたというところに心打たれました。まさに衝撃のラストですね。
興味ありましたら、ぜひご覧あれ。

あなたにオススメ(Amazon)

あなたにオススメ(楽天)