イシューからはじめよ。から読み取れる大切なこと

ロジカルシンキングに大切なイシューからはじめよをを読んだので備忘録的にメモします。

この本はバリューのある仕事はどうやったら出せるかについて説明されています。
そしてバリューのある仕事はイシュー度と解の質を高めることによって生み出せるそうです。

以下、要点をまとめて記載します。

一つ、犬の道をやめること。

多くの仕事を質の低いアウトプットで食い散らかすことで、仕事があれ高い質の仕事をすることができなくなる可能性が高い。
つまり、質の高いイシューを発見し、質の高いアウトプットを出すことが大切なのである。

一つ、圧倒的に生産性の高い人のアプローチ

1イシュードリブン
 本当に答えを出すべき問題=イシューを見極める
2仮説ドリブン
 イシューを解けるところまで小さく砕きそれに基づいてストーリーの流れを整理する
3仮設ドリブン
 ストーリーを検証するために必要なアウトプットのイメージを描き分析を設計する
4アウトプットドリブン
 ストーリーの骨格を踏まえつつ段取りよく検証する。
5メッセージドリブン
 論拠と構造磨きつつ報告書論文をまとめる

一つ、ストーリーラインを磨く3つのプロセス。

1論理構造確認する
 すっきりとした基本構造で整理できているか
 前提が崩れていないか

2流れを磨く
 流れが悪いところはないか
 しまりの悪いところはないか
 補強が足りない所がないか

3エレベーターテストに備える
 結論を端的に説明できるか
 特定の部分について速やかに説明できるか

イシューからはじめよ―知的生産の「シンプルな本質」
安宅和人
英治出版
売り上げランキング: 1,317

あなたにオススメ(Amazon)

あなたにオススメ(楽天)